海外で起こりがちなマナートラブルとその対処法

>

海外に行くなら必見!マナートラブルとその対策について

チップの支払いを忘れない!

国内ではあまりないチップの習慣ですが海外ではチップの習慣が当たり前です。
特にチップで生計を立てていると言えるほど、チップが重要な役割を担っていることも少なくありません。
海外のホテルへ着いたら、ドアマンやベルマン、そして部屋の掃除を行ってくれるハウスキーパーに対してチップを渡すように心がけましょう。
運ぶ荷物の量や、滞在日数などによってチップの金額にも差が生じますが、大体2ドルから3ドル程が相場です。
もちろんチップはあくまでもマナーであり、義務ではありません。
しかしチップを支払わない客であると認識されてしまえば、サービスがずさんになったり、対応に明らかな差が出てしまうことも十分あります。
せっかく旅行に来ているのですから、気持ちの良いサービスを受けたいですよね。
その為にもチップの支払いには特に意識を持ちましょう。

ホテルでは特に身だしなみに心がける!

ホテルやまたはあらゆる店舗などに行った際に求められるマナーとして、身だしなみのマナーが挙げられます。
例えば、観光客が頻繁に利用するような、リーズナブルなホテルや店であればTシャツや短パンなどでも入店出来ますが、少し高級志向の店になると襟なしのシャツや短パンなどでは入出を断られる事が大いにあり得ます。
日本ではあまり気にされませんが、海外ではホテルや店のグレードによって、身だしなみが決まっている事も珍しくありません。
予め宿泊するホテルや店の雰囲気などの情報を入手しておくようにしましょう。
また、身だしなみ以外のマナーもあります。
例えばホテルのロビーや入口で大声を出す客に、外へ出るよう促されるといった事も珍しくありません。
海外へ行けばその場に相応しい礼節を振舞えるよう、常に細心の注意を払うよう心掛けましょう。


この記事をシェアする

TOPへ戻る↑